論文(共著者)

  1. A Biomechanical, Radiologic, and Clinical Comparison of Outcome After Multilevel Cervical Laminectomy or Laminoplasty in the Rabbit
    FIELDS Michael J. 1 HOSHIJIMA Kazuo 2 FENG Alexander H. P. 3 RICHARDSON William J. 4 MYERS Barry S. 5 Spine Vol.25, No.22 (20001115) pp. 2925-2931 2000
  2. Clinical outcome scales for use in a rabbit model of cervical myelopathy MJ Fields, K Hoshijima, WJ Richardson, BS Myers J Spinal Disord 13 (2):124-30 2000
  3. 2根障害を呈したと思われた腰椎椎間孔外ヘルニアの2症例 北岡謙一*1, 北岡和雄*1, 星島一夫*1, 増田賢二*2 中国・四国整形外科学会雑誌 11(2) : 422, 1999. 1999
  4. Titanium Fiber Mesh Blockを用いた腰椎前方固定術の中・長期成績 武政 龍一 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 谷口 愼一郎 4 星島 一夫 5 上岡 禎彦 6 日本脊椎外科学会雑誌 Vol.10, No.1 (19990426) p. 170 1999
  5. 腰椎すべり症に対する Titanium Fiber Mesh Block を用いた腰椎後方進入椎体間固定術
    武政 龍一 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 谷口 愼一郎 4 星島 一夫 5 上岡 禎彦 6 日本整形外科學會雜誌 Vol.73, No.3 (19990325) p. 670 1999
  6. Evaluation of the spinal balance after correction of the scoliotic deformity by CD instrumentation
    SAWAMOTO TAKESHI YAMAMOTO HIROSHI HOSHIJIMA KAZUO INOUE HIROFUMI Spinal Deformity VOL.12;NO.1;PAGE.121-124(1997) 1997
    Abstract;We have reviewed thirty-two cases of idiopathic scoliosis who had underwent posterior correction surgery by CD instrumentation. Mean age was fifteen years and six months and the mean following period was two years and five months postoperatively. Cobb angle ranged from 40 to 86 degrees (mean 55.5 degrees) preoperatively and from 15 to 53 degrees (mean 30.4 degrees) postoperatively. Spinal balance was determined by the deviation of T1 from the center of the sacrum. Mean deviation of T1 in the lateral direction was 4.2 mm to the right preoperatively and 5.0 mm to the left postoperatively. Change of the position of T1 was statistically significant (p<0.01, T test). Mean preoperative deviation of T1 was 6.7 mm to the left in King type 2 curves (11 cases) and 9.2 mm to the right in King type 3 curves (18 cases). Postoperative deviation of T1 were 12.4 mm to the left in King type 2 and 0.2 mm to the left in King type 3. In King type 2 curves, T1 was deviated to the left both pre and postoperatively and the difference was statistically significant (p<0.01, T test). In King type 2 curves, six cases showed poor lower curve correction and the rest of five cases showed good results. T1 of the poor lower curve correction group tend to deviate to the left more than rest of the cases (p=0.06). In King type 2 curves, especially whose T1 is deviated to the left, we should pay much attention to their spinal balance. (author abst.)
  7. Mechanical strength and bone bonding of a titanium fiber mesh block for intervertebral fusion KITAOKA KENICHI YAMAMOTO HIROSHI ,TANI TOSHIKAZU HOSHIJIMA KAZUO NAKAUCHI MUTSURO Journal of orthopaedic science Vol.2, No.2 (19970301) pp. 106-113 1997
  8. Pedicle screw 法を併用した後方進入椎体間固定術の術後腰椎アライメントと隣接椎への影響
    谷口 慎一郎 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 星島 一夫 4 沢本 毅 5 上岡 禎彦 6 日本脊椎外科学会雑誌 Vol.8, No.1 (19970317) p. 106 1997
  9. 胸腰椎部,腰椎部脊柱管内腫瘍に対する観血療法における脊椎機能温存の工夫 岩津理, 澤本毅, 星島一夫, 谷俊一, 溝渕弘夫, 谷口愼一郎, 山本博司 中国・四国整形外科学会雑誌 9(2) : 356, 1997 1997
  10. 経椎弓根的生体活性セメント充填モデルの有限要素解析 大谷昌弘*1, 星島一夫*1, 池内昌彦*1, 山本博司*1, 亀山寛司*2 日本臨床バイオメカニクス学会誌 18 : 159-162, 1997
    Abstract;For the treatment of intra-vertebral lesion, we perform a new augmentative method using transpedicular implantation of bioactive cement(BC) instead of autogenous bone graft. However, the mechanical strength of implanted vertebral body is still unknown. Therefore, the purpose of this study was to evaluate biomechanically whether trans-pedicular bioactive cement implantation can reinforce the strength of vertebral body by using three dimensional finite element(FE) analysis. A single vertebral FE model was made based on the contour data obtained from CT images of the first lumber vertebra. Three types of BC implant model were made according to the amount of BC implanted into vertebral body. The base of model was completely restricted, and 2000N compressive load was evenly applied to the nodes on the superior endplate. Static linear analysis were performed for the both models. The maximum strain was reduced after BC was implanted, the region of high strain was also reduced and was dispersed around BC. Therefore, it was considered that BC implanted into the cancellous bone would become mechanical support sharing the load applied from centrum to the posterior region of vertebral body. The results suggest that bioactive cement implantation into the anterior region of vertebral body could reinforce the mechanical strength of vertebral body. (author abst.)
  11. 高齢者腰部脊柱管狭窄症に対する最少範囲除圧手術への取り組み
    谷口 愼一郎 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 星島 一夫 4 澤本 毅 5 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.40, No.2 (19970301) pp. 383-384 1997
  12. 腰椎辷り症に対する Pedicle Screw 法の適応と問題 沢本 毅 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 星島 一夫 4 谷口 慎一郎 5 上岡 禎彦 6 日本脊椎外科学会雑誌 Vol.8, No.1 (19970317) p. 207 1997
  13. 腰部脊柱管狭窄症に対する最少範囲除圧手術への取り組み
    谷口 愼一郎 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 星島 一夫 4 澤本 毅 5 日本整形外科學會雜誌 Vol.71, No.4 (19970425) p. 519 1997
  14. 骨粗鬆椎体の変形発生機序に関する3次元有限要素解析 大谷 昌弘 1 星島 一夫 2 亀山 寛司 3 山本 博司 4 日本整形外科學會雜誌 Vol.71, No.8 (19970825) p. 1334 1997
  15. 特発性側弯症に対する CD instrumentation 法施行例の成績とその問題点
    沢本 毅 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 星島 一夫 4 日本整形外科學會雜誌 Vol.71, No.3 (19970325) p. 177
    1997
  16. ハイドロキシアパタイトセメントの注入による骨粗鬆症椎骨の生体力学的強化に関する検討 柴田 敏博 1 山本 博司 2 居相 浩之 3 星島 一夫 4 日本脊椎外科学会雑誌 Vol.6, No.2 (19960215) pp. 61-69 1996
  17. 高齢者の腰部脊柱管狭窄症に対する手術療法 谷口愼一郎, 山本博司, 谷俊一, 星島一夫, 沢本毅 中国・四国整形外科学会雑誌 8(2) : 351-354, 1996 1996
  18. 腰椎すべり症に対する後方固定術 : 固定椎間のアライメントからみた検討 谷口 愼一郎 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 星島 一夫 4 沢本 毅 5 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.39, No.5 (19960901) pp. 1267-1268 1996
  19. 腰椎固定術後における固定上位隣接椎間の不安定性に影響を与える因子の X線学的検討
    谷口 愼一郎 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 星島 一夫 4 沢本 毅 5 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.39, No.3 (19960501) pp. 617-618 1996
  20. 脊椎手術用チタン線維金属の力学的強度と骨結合性に関する検討 北岡 謙一 1 山本 博司 2 上岡 禎彦 3 星島 一夫 4 中内 睦郎 5 日本脊椎外科学会雑誌 Vol.7, No.1 (19960425) p. 130 1996
  21. ハイドロキシアパタイトセメントの注入による粗鬆化椎骨の強化に関する研究 : 組織学的検討 柴田 敏博 1 居相 浩之 2 星島 一夫 3 山本 博司 4 日本整形外科學會雜誌 Vol.69, No.8 (19950825) p. 1603 1995
  22. 思春期特発性側彎症に対する装具療法の検討 沢本 毅 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 上岡 禎彦 4 星島 一夫 5 武村 泰司 6 日本整形外科學會雜誌 Vol.69, No.3 (19950325) p. 548 1995
  23. 脊椎固定術における大気孔率 titanium fiber metal implant に関する実験的研究 北岡 謙一 1 山本 博司 2 上岡 禎彦 3 星島 一夫 4 中内 睦郎 5 日本整形外科學會雜誌 Vol.69, No.8 (19950825) p. 1605 1995
  24. 頚髄症MRIにおける脊髄輝度変化とその意義について 谷口慎一郎, 神村盛裕*, 山本博司, 谷 俊一, 上岡禎彦, 星島一夫, 石田健司, 牛田享宏 中国・四国整形外科学会雑誌 Vol.6, No.1,pp 1994
  25. 慢性腰痛に対する体幹筋強化訓練 武政龍一, 山本博司, 谷 俊一, 上岡禎彦, 星島一夫, 石田健司 日本理学診療医学会誌 Vol.5, No.1,pp90-95. 1994
  26. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する手術法の検討 
    長澤純一,谷俊一, 石田健司, 星島一夫, 山本博司 中国・四国整形外科学会雑誌 6(2) : 538, 1994 1994
  27. 16. 頸髄症の回復過程の検討 : 体性感覚誘発電位とMR画像 : 脊損-3 : 石田 健司 1 谷 俊一 2 上岡 禎彦 3 星島 一夫 4 谷口 慎一郎 5 牛田 享宏 6 山本 博司 7 鶴見 隆正 8 リハビリテーション医学
    Vol.30, No.11(19931118) p. 792 1993
  28. 2.青壮年期の慢性腰痛患者における体幹筋力評価と訓練, 武政 龍一 1 山本 博司 2 谷 俊一 3 川上 照彦 4 上岡 禎彦 5 星島 一夫 6
    体力科學 Vol.42, No.2(19930401) p. 246 1993
  29. Salvage Surgery としてのCotrel Dubousset Pedicle Screw System の使用経験 石田健司, 山本博司, 谷 俊一, 上岡禎彦, 星島一夫 中国四国整形外科学会雑誌 Vol.5, No.1,pp133-134. 1993
  30. 腰椎分離すべり症に対するTranspedicular Scerw固定法の治療経験 上岡禎彦, 山本博司, 谷 俊一, 星島一夫, 大谷昌弘 西日本脊椎研究会誌別冊 Vol.19, No.1,pp128-131. 1993
  31. 腰椎分離辷り症に対するtvanspedicular screw固定法の手術成績 上岡禎彦, 山本博司, 谷 俊一, 星島一夫, 谷口慎一郎 中部整形外科災害外科学会雑誌 Vol.36, No.5,pp1401-1402. 1993
  32. 思春期特発性側彎症に対する装具療法 武村泰司, 山本博司, 谷 俊一, 星島一夫, 澤本 毅 脊柱変形 Vol.8, No.1,pp79-82. 1993
  33. 青壮年期の慢性腰痛患者における体幹筋力 武政龍一, 山本博司, 谷 俊一, 上岡禎彦, 星島一夫 日本整形外科学会誌 Vol.67, No.2,ppS87 1993
  34. 青壮年期の慢性腰痛患者における体幹筋力評価と訓練 武政龍一, 山本博司, 谷 俊一, 川上照彦, 星島一夫 体力医学 Vol.,pp 1993
  35. 体幹における回旋筋力測定法の検討 武政龍一, 山本博司, 谷 俊一, 上岡禎彦, 星島一夫 日本整形外科学会誌 Vol.67, No.2,ppS1526 1993
  36. 慢性関節リウマチに伴う頚椎病変画像による経時的変化について 柴田敏博, 星島一夫, 上岡禎彦, 山本博司, 中谷 孝 西日本脊椎研究会誌 Vol.19, No.2,pp172-175. 1993
  37. 頸髄症の回復過程の検討 石田健司, 谷俊一, 上岡禎彦, 星島一夫, 谷口慎一郎, 牛田享宏, 山本博司, 鶴見隆正 リハビリテーション医学 30(11) : 792, 1993. 1993
  38. 脊椎前方固定術に対するtitanium fiber metal implantの開発とその臨床応用 山本博司, 上岡禎彦, 星島一夫, 中内睦郎, 国分正一* 臨床整形外科 Vol.27, No.4,pp521-527. 1992
  39. Titanium fiber metal implant システムによる腰椎前方固定術 山本博司, 上岡禎彦, 星島一夫, 中内睦郎, 国分正一* 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.34, No.1,pp93-94. 1991
  40. スポーツを契機として発症した急性型大腿骨頭辷り症の2例 梶浦清司*, 神村盛裕*, 青山茂樹*, 平井信成*, 星島一夫, 橋本博行**, 三宅亮司**, 山中一誠**, 二山孝司*** 四国関節外科研究会会誌 Vol.8,pp13-15. 1991
  41. 下肢4関節置換術を施行した若年性関節リウマチの1例 青山茂樹*, 神村盛裕*, 平井信成*, 星島一夫, 梶浦清司* 四国関節外科研究会会誌 Vol.8,pp56-58. 1991
  42. 思春期特発性側弯症に対するactive corrective brace療法の現状と問題点 武村泰司, 山本博司, 谷 俊一, 星島一夫, 西山 徹 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.34, No.4,pp1319-1320. 1991
  43. 脊椎固定術に対するtitanium fiber metal implantに関する実験的研究 中内睦郎, 山本博司, 上岡禎彦, 星島一夫 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.34, No.6,pp1773-1783. 1991
  44. 当院における大腿骨頸部骨折の治療成績 
    梶浦清司*1 神村盛裕*1, 青山茂樹*1, 平井信成*1, 星島一夫*1, 橋本博行*2, 三宅亮次*2 笠井時雄*2 中国・四国整形外科学会雑誌 3(1) : 185-186, 1991 1991
  45. 腰椎辷り症に対するPedicular Screwing 法の手術合併症の防止対策 上岡禎彦, 山本博司, 谷 俊一, 星島一夫, 中内睦郎 日本脊椎外科学会雑誌 Vol.1, No.1,pp142 1990
  46. 腰椎辷り症に対するspinal plate & pedicular screwing法 上岡禎彦, 山本博司, 谷 俊一, 星島一夫, 山口龍彦 臨床整形外科 Vol.25, No.4,pp547-553. 1990
  47. 特発性側彎症手術例の追跡調査 澤本 毅, 山本博司, 谷 俊一, 上岡禎彦, 星島一夫 脊柱変形 Vol.5, No.1,pp99-101. 1990
  48. 肘関節形成術の後療法におけるCPMの有用性 平井信成*1 神村盛裕*1, 青山茂樹*1, 星島一夫*1, 貞広哲郎*2 中国・四国整形外科学会雑誌 2(1) : 351-352, 1990. 1990
  49. 高知市における高齢者腰痛調査について 中内睦郎 中国・四国整形外科学会雑誌 1989
  50. 腰椎辷り症に対するspinal plate & pedicular screwing法の適応上の問題点 上岡禎彦, 山本博司, 谷 俊一, 星島一夫, 山口龍彦, 木田和伸 西日本脊椎研究会誌 Vol.15, No.2,pp275-279. 1989
  51. 脊髄・馬尾腫瘍の治療経験 
    溝淵弘夫, 山本博司, 谷俊一, 上岡禎彦, 藤田泰宏, 星島一夫 中国・四国整形外科学会雑誌 1(1) : 41-42, 1989. 1989
  52. 脊柱側彎のコンピュータ三次元評価 澤本 毅, 山本博司, 星島一夫, 谷 俊一 脊柱変形 Vol.4, No.1,pp31-34. 1989
  53. 中枢神経系の異常を伴う側彎庄に対するL-rods S.S.I.法の検討 澤本 毅, 山本博司, 谷 俊一, 上岡禎彦, 星島一夫 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.32, No.3,pp1527-1529. 1989
  54. チタン繊維金属生体材料の脊椎手術への応用に関する実験的研究 山本博司, 星島一夫 昭和62年度科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書 1988
  55. 脊髄腫瘍の摘出時の脊柱機能温存に関する検討 上岡禎彦, 山本博司, 星島一夫, 大谷昌弘, 松本衣代 日本パラプレジア医学科雑誌 Vol.1, No.1,pp152-153. 1988
    脊柱側彎の3次元表示 澤本 毅, 星島一夫, 山本博司 西日本脊椎研究会誌 Vol.14, No.1~2,pp186-189. 1988
  56. 特発性側彎症に対するL-rods S.S.I.手術法の治療成績の検討 木田和伸, 山本博司, 谷 俊一, 山下 弘, 藤田泰宏, 上岡禎彦, 星島一夫, 橋本信朗 脊柱変形 Vol.3, No.1,pp200-204. 1988
  57. 腰椎変性辷り症に対するPedicular screw and spinal plate法 山下 弘, 山本博司, 谷 俊一, 橋本伸朗, 星島一夫 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.30, No.2,pp883-886. 1987
  58. 腰椎辷り症におけるInstabilityについて 山下 弘, 山本博司, 谷 俊一, 上岡禎彦, 星島一夫, 橋本信朗, 山口龍彦, 木田和伸 西日本脊椎研究会誌 Vol.13, No.1~2,pp36-40. 1987
  59. 進行性先天性側彎症に対する早期進行予防手術 川上照彦, 山本博司, 谷 俊一, 山下 弘, 奥谷陽一, 星島一夫 脊柱変形 Vol.2, No.1,pp25-28. 1987
  60. 特発性側彎症に対するactive corrective brace 西山徹, 山本博司, 谷 俊一, 川上照彦, 星島一夫 脊柱変形 Vol.2, No.1,pp145-148. 1987
  61. 脊椎手術を受けた65歳以上の高齢者の術後調査 山下 弘, 山本博司, 谷 俊一, 岡田正彦, 藤田泰宏, 星島一夫, 近藤 誠, 大谷昌弘 西日本脊椎研究会誌 Vol.12, No.1~2,pp221-223. 1986
  62. 大腿骨頚部骨折にともなう阻血性骨壊死に対する血管柄付骨移植の応用 貞廣哲郎, 井川和彦, 河内 通, 藤田幸子, 岡田正彦, 星島一夫, 広末隆, 奥谷陽一, 野並誠二, 西山徹, 野口正隆, 山本博司, (日比正行) 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.29, No.2,pp680-683. 1986

業績 原著論文はこちら 共著論文はこちら 学会発表などはこちら

整形外科アピールマーク星島整形外科リハビリテーションのTopに戻る